BLOG

生活習慣

2020/04/10
ロゴ

長いお休みが続くと、

生活のリズムが乱れてしまう

子どもさんも多いかもしれません。

 

春に毎年行われていた、小学5年生と

中学3年生を対象にした、

全国学力テストは、今年は中止が

決まっています。

そんな全国学力テストで5年以上

トップは秋田県です。

全国学力・学習状況調査

「学習・生活環境アンケート」で

秋田県の子どもが全国の平均より

上回っている項目が

毎日、同じくらいの時刻に

           寝ている。

・毎日、同じくらいの時刻に

          起きている。

・朝食を毎日食べている

・平日30分以上家庭学習を

 している(中学生は1時間以上)

・家で自分で計画を立てて

         勉強している。

・家で学校の授業の復習を

          している。

・ものごとを最後までやり遂げて、

    うれしかったことがある。

・自分には、よいところがあると思う。

・将来の夢や目標をもっている。

 

今日はその始めの部分の

寝る時間と起きる時間が同じで、

朝食をたべている。ところに
注目してみます。

当然の習慣のようですが、

起きて寝る時間が、いつも同じ

と言うのは、なかなか難しい

ものです。特に学校も休校で

朝起きて、学校に行く用意を

しなくてもいい毎日には

いい加減になっている部分

かもしれません。

朝食を食べることで、

脳の活性化を図ることができて、

記憶力や成績を上げることができる

と言う調査は、他でも見たことが

あります。

 

休校は続いていますが、

毎日の生活習慣を見直して、

できる限り同じリズムで

生活できるようにして欲しい

と思います。