BLOG

言葉 若葉・鶴ヶ島の学習塾 塾 アスナ

2020/06/30

梅雨の雨は、激しく降る時が

あります。小学生・中学生の

みなさんは、学校に行くとき、

帰るときの雨脚が気にかかる

ところでしょう。ちょっと強い

降りで、靴はびしょぬれですから。

 

6月が終わって、なんと!半年が

過ぎたことになります。

休校が3ヶ月なので、3ヶ月しか

学校に行かなかったことになります。

半年と言っても、3ヶ月分しか

やってない!感がしてしまう人は

多いかも。当然ですよね。部活も

ほとんどできていないし。

 

さあ、残りの半年をどう過ごしますか。

勉強をしなくちゃ。

部活もがんばらなきゃ。

 

いろいろ思うところは、たくさんある

かもしれません。

ここで、一つ気をつけてほしいことが

あります。それは、言葉についてです。

「やらなくちゃ」と思うことは、義務的で、

しなければならない、

と思うことになります。

勉強などは確かに、義務的でmustかも

しれません。でも、やらなくてはいけない、

と考えるか、やりたいと考えるか、どちらが

できそうですか。

ゲームのことを考えると、

やらなくてはいけない、という考えは全く

無くて、「やりたい」ばかりでしょう。

そうすると、「ゲームをやりなさい」なんて、

言われなくても(言われたこともないでしょう)

やりたい気持ちが優っているはずです。

 

ここがポイントです。やらなくちゃ

と思う勉強を、「やりたい」、「やろう」

と思うことです。

将来のこと、未来の自分を考えて、

そのために、今、この勉強をやりたい、

と思ってみませんか。

難しいな、と思う人は、

毎日のルーティーンで、

勉強を「やろう」と思って、

行動に移してください。